【女性向け】秋登山の服装とは?ユニクロやモンベルなら低価格で登山用品を揃えられる!

ライフスタイル
スポンサーリンク

本記事では、初心者の人でも揃えやすい低価格な「秋の登山に適した服装」や持ち物について、紹介します。

スポンサーリンク

秋の登山に適した服装とは?レインウェアは必要?選ぶ時のポイント

秋の登山の服装には、以下のことを意識して用意しましょう。

  • 綿100%は避けて、ポリエステル製のものを選ぶ
  • 寒暖差に対応できるように重ね着する

それぞれの項目について、説明します。

服装の関する製品一覧が見たい人は、記事内の【レディース】秋登山におすすめな服装(モンベルやユニクロ)にジャンプ!(※記事内のページに飛びます)。

綿100%は避けて、ポリエステル製のものを選ぶ

登山もスポーツと同様に、速乾性のある素材がおすすめ。

特に、綿100%の服は一度濡れると乾きにくいので、汗をかいたときや雨に濡れたときに、冷たいTシャツが肌に当たると、気持ち悪いです。

そのため、速乾性のあるポリエステル製のTシャツを選びましょう。

すぐに乾いてくれるので、汗冷えすることもなく、快適に登山を楽しむことができます

あとで記事内で紹介しますが、ユニクロやモンベルなどを利用すれば、低価格で揃えることができます。

もちろん、既に持っているのであれば、既存のものでも良いです。

私はモンベルのTシャツがおすすめ、すっごい着心地良い。

寒暖差に対応できるように重ね着する(レイヤリング)

登山では、気温的な寒暖差や体温調整の面から、服を重ね着するのが主流です(レイヤリングと言う)。

たとえば、上は「インナー→Tシャツや長袖→上着類」。下は「タイツ→ハーフパンツ→靴下」など。

汗で冷えないためにも、この3層が大事で、初心者の人は必ず揃えましょう。

山の天候は変わりやすいので、ここは面倒くさがらず揃えた方が良いです。

天候によっては、この服装に加えて(もしくは上着の代用として)、レインウェアを着るのもおすすめ。

特に秋は雨が降りやすい時期でもあるので、用意しておくと安心です。

たとえば、ゴアテックス製だと「防水・透湿・防風」なので「雨は通さないけど、汗による湿気(水蒸気)は外に逃がしてくれる」「風は通さないので寒く感じない」ので、かなり快適。

また、小さくたためるものがほとんどなので(巾着までついてくることが多い)、リュックにしまう場合もかさばりません。

ただ、気温によっては暑いので「最初から着ていく」というよりは、予備・持ち物として持っていくと良いかも。

着心地は快適だけど、レインウェア(ゴアテックス製)は値段が高いので、ウィンブレで代用するのも良いでしょう。

山の入り口付近では暑かったのに、山頂に近づくと「雨のミスト」や「風」で「意外と寒い(ブルブル)」なんてことも(体験談)。

レインウェアは普段も使えるから、持っておくと便利。

秋の登山の持ち物一覧表(服装やカバンの中身など)

日帰り軽登山(低山など)の場合に、身に付けるもの・持ち物を確認しましょう。

※目的の山に合わせて持ち物を用意してください

登山の持ち物リスト
水分 水分は多めに
もしもに備えて「水」がおすすめ
※利尿作用がある飲み物×
軽食 カロリーメイト
ラムネ、梅昆布など
レインウェア 急な寒暖差や
雨に備えるため
※ウィンブレで代用可
スマホの
モバイルバッテリー
もしもに備えて
タオルや手ぬぐい 汗を拭く
トイレットペーパー 山にはトイレはあっても
ペーパーがないことも多い
芯を抜いてジップロックに
潰して保管すると良い
ビニール袋 ゴミを持ち帰るため
日焼けどめクリーム
・UVリップ
体への負担を軽減
ファースト
エイドキット
絆創膏や消毒液など
軍手や手袋 防寒やケガ防止
地面や柵に手をつくことも
あるので、用意があると良い
ウエットティッシュ 何かと使える
※替えの靴下 汗をかくと靴擦れするため
※常備薬 あると安心
健康保険証 あると安心
※携帯トイレ あると安心
※地図やコンパス できれば持っていきたい
コンパスはスマホで代用も可

※必須ではないがあると良い

【身に付けるもの】

  • 肌着・インナーウェア
  • 速乾性のあるTシャツ・長袖
  • アウター
  • ロングパンツもしくはハーフパンツ
  • ハーフパンツの場合はタイツ
  • リュック(日帰りなら30Lくらい)
  • 靴(ハイカット・ミドルカットのもの)
  • 長めの靴下(登山用だと機能性抜群)
  • 防止(日差し避け・防寒にも)

「初めての登山で、買わなきゃいけないものが多い」という場合、新たに購入する必要はないので、既にもっているもので代用できるものがあれば、それを使いましょう。

山に登りながら「あれ良さそうだな」と欲しいものが見つかれば、それを参考に揃えるのも良いと思います。

「買っても今後使わない」となると、お金が勿体ないし。

【レディース】秋登山におすすめな服装(モンベルやユニクロ厳選)

取the運用品でも低価格設定の「モンベル」と、さらに買いやすい「ユニクロ」製品に絞って、秋登山におすすめな服装を紹介します。

自分の体のサイズにあったものを用意するのが大事なので、必ず試着をしてから購入しましょう。

インナーウェア・肌着・ワイヤレスブラ

秋登山に適した服装(インナーウェア・肌着・ワイヤレスブラ)を紹介します。

(画像引用先:ユニクロ公式

ユニクロ「エアリズムUネックT(半袖)」税別990円。

エアリズムUVカットなら長袖バージョンもあります(税別990円)。

インナーウェアはユニクロで十分そう。

(画像引用先:ユニクロ公式

また、リュックを背負って歩き続けるので、ワイヤレスブラ(税別1,990円)もおすすめ。

速乾性のあるTシャツや長袖・アウター・レインウェアなど

秋登山に適した服装(速乾性のあるTシャツや長袖・アウター・レインウェア)を紹介します。

(画像引用先:モンベル公式

モンベル「WIC.T ワンポイントロゴ Women’s」税別2,100円。

モンベルのウイックロン®(ポリエステル素材のTシャツは、速乾性があって、肌触りも気持ち良い

「紫外線遮へい率90%以上」だから、紫外線防止対策もバッチリ。

普段は部屋着にすると快適に過ごせるし、デザインも豊富。

ゆったりサイズもありますよ(メンズサイズあり)。

 

(画像引用先:ユニクロ公式

ユニクロ「エアリズムUVカットメッシュパーカ(長袖)」税別1,990円。

エアリズムだから、軽くて涼しい。日焼け対策もできるのが嬉しいパーカーです。

これは、もはや夏の定番アイテムだから、持っている人も多いのではないでしょうか。

袖口がカフス使用になっていて、手の甲の日焼け対策もできます。

 

(画像引用先:モンベル公式

モンベル「ストームクルーザー ジャケット Women’s」税別20,800円。

防水性・透湿性・軽量性に優れたレインウェアです。防寒着としても使える。

脇の部分が開くので、着ながらも体温調整ができるのも便利です。

コンパクトに収納できるスタッフバッグ付き(巾着みたいな)。

(画像引用先:モンベル公式

モンベル「バーサライト ジャケット Women’s」税別14,600円と、上記よりも低価格なものもあります。

こちらもゴアテックス製です。一般的なコットンTシャツよりも軽い

ユニクロにも類似品がありますが、モンベルの方が着丈が長めなので、かがんだときに腰や背中がチラッとなるのを防ぐことができます。

ハーフパンツ・ロングパンツ

秋登山に適した服装(ハーフパンツ・ロングパンツ)を紹介します。

(画像引用先:ユニクロ公式

ユニクロ「ウルトラストレッチアクティブショートパンツ」税別1,990円。

まず安いのが嬉しい。素材はポリエステル100%で、ウエストは総ゴム(内紐あり)。

ウルトラストレッチ素材で動きやすいので、登山の他にスポーツ着としても良さそうです。

(画像引用先:モンベル公式

「丈短いのは抵抗あるわ」という人には、モンベル「ストレッチO.D.ニーロングショーツ Women’s」税別4,800円もおすすめ。

ストレッチ性もあり、撥水性もあるので、少しの雨が降っても平気。

公式サイトのある着用例は以下の通りです。

(画像引用先:モンベル公式

春から秋にかけての低山トレッキングにおすすめ。

(画像引用先:モンベル公式

他にも、モンベル「ストレッチカーゴパンツ Women’s」税別7,600円なら、足を出さなくても済みますよ。

ポケットが6個もついてるから(そのうち2つはジッパー付)、すぐに出したいものを収納できるのが嬉しい。

公式サイトのある着用例は以下の通りです。

(画像引用先:モンベル公式

ただ、あまり登山する予定がないなら、税別7,600円はちょっと高いかも(といっても他ブランドよりは安い方)。

靴下・タイツ・靴・帽子・リュックなど

秋登山に適した服装(靴下・タイツ・靴・帽子・リュックなど)を紹介します。

(画像引用先:ユニクロ公式

ハーフパンツと「エアリズムUVカットレギンス(10分丈)」税別,990円と合わせれば快適。

エアリズムだから「ドライ、吸放湿、接触冷感、消臭、抗菌防臭」機能もあるし、これなら普段スカートの中にも合わせて使えます(サラッとしていて気持ちよさそう)。

紫外線防止効果があるのも嬉しい。

(画像引用先:モンベル公式

モンベル「WIC.トレッキングソックス Women’s」税別1,500円なら、耐久性と吸汗性・速乾性を併せ持つ高機能素材の靴下もアリ。

日本人のかかとの形状に合わせた構造だから、フィット感もあり、靴下がずり下がってこないのも有難い。

(画像引用先:ノースフェイス公式

ノースフェイス「トレッキング ミッドウェイト クルー(ユニセックス)」~税別1,600円なら、抗菌消臭機能があるパイルソックスもあります。

カラー展開が落ち着いているので、こちらが好みという人も多そう。トレッキング用(山歩き用)の靴下なら、モンベルやユニクロ以外のブランドでも手頃です。

(画像引用先:モンベル公式

モンベルの中でも1番低価格なトレッキングブーツ「ラップランドストライダー MID Women’s」税別14,500円です。

ミドルカットの全天候型ブーツ。

ゴアテックスで防水だから、急な雨や汗(透湿性あり)でも快適に登山が楽しめます。

低山の軽登山なら、運動靴で代用することも可能ですが、足首が固定されないので、場合によっては捻挫する可能性もあります。

また、登山用のブーツの中でも、モンベルなら定価格で用意することができるでしょう。

(画像引用先:モンベル公式

モンベル「ロゼパック 20 Women’s」なら、税別6,100円とザックの中でも手頃。

女性用の軽量バックで、水が浸入しづらい仕様になっています。

(画像引用先:モンベル公式

モンベル「ガレナパック 30 Women’s」税別11,000円は、パックカバーがついてるから、雨からリュックを守ることができます。

登山で使うものなら、目立つ色やカラーのものだと、目印になって良いですね。

(画像引用先:モンベル公式

モンベル「ストレッチO.D.ハット」税別2,400円なら、男女兼用で使えます。

撥水加工がされているので汚れにいくく、「紫外線遮へい率90%以上」なのでUV対策もバッチリ。

帽子が風に飛ばされないように、帽子の紐も合わせて購入すると良いかも(最初から紐がついているタイプのものもある)。

【まとめ】秋登山に最適な服装を用意して、登山を楽しもう!

秋は夏よりも涼しく、快適に登山ができる反面、汗や気温によっては「寒い」と感じることも。

服装を揃えることで快適な登山が楽しめますよ。

ユニクロやモンベルにいけば、一通りの登山用品が揃えられるので、店舗に行って試着してみると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました