小さいステンレスボトル(小さい魔法瓶・ミニ水筒)の使い方やおすすめ製品5選

ライフスタイル
スポンサーリンク

最近は「サステナブル※」という考え方が、生活にジワジワと浸透してきていることもあり、街中でも「マイボトル」を持ち歩いている人をよく見かけますよね。

※:簡単に言うと「持続可能な」「自然環境を意識した取り組み」などを示す(いま流行り)

ただ、容量が500ml近いボトルだと「飲みきれない」「重い」「荷物が嵩張る」なんて感じている人も多いのではないでしょうか。

本記事では、人気のある小さいステンレスボトルを使うメリットや使い方、おすすめ製品などを実際の使用感を交えながら紹介します。

スポンサーリンク

小さいステンレスボトル(小さい水筒)のメリットや使い方

近年、女性やシニアの間で需要があり、人気となっているのが「小さいステンレスボトル」です。

(画像引用先:ポケトル公式

例を挙げると「ポケトル」という製品の容量は120ml(上記画像)。

小さいステンレスボトルは、「ごくごく」飲みたいわけじゃなくて「ちょっと水分を口に含みたい」というときにちょうど良い容量なんです。

そんな小さいステンレスボトル(小さい魔法瓶・ミニ水筒)のメリットは、以下の通りです。

【小さいステンレスボトルの良いところ】

  • 老若男女問わず使い勝手が良い
  • 「ちょっと」の水分補給にちょうど良い
  • 荷物として嵩張らない

それぞれの項目について説明します。

老若男女問わず使い勝手が良い(特にシニア世代や女性には良い容量)

老若男女問わず「外出先で500mlのペットボトルを買っても、なんだかんだで全部飲めない」という人には、使い勝手の良いサイズ感になっています。

たとえば「出先で薬を飲む」ときにはピッタリな容量

あとで紹介しますが、デザインにしても、可愛らしい女性ものだけでなく、男性が持っていても格好良さげなデザインのものも多いです。

どちらかといえば女性に需要があるけど、女性だけでなく男性にも需要があるということでしょう。

出先で500mlのペットボトル買って、全部飲めたこと無い。

荷物として嵩張らない

たとえば、ちょっと近場を散歩したり、買い物に行くときに500mlのペットボトルを持っていこうとすると「片手が塞がっちゃうな」とか「荷物が重くなるな」とか考えちゃいますよね。

また、子育て中の親なら、少しでも荷物を減らしたい(重さを少なくしたい)でしょう。

小さいステンレスボトルは、荷物の重さも減らすことができるのも嬉しいポイント。

ショルダーバックにも入るし、手に何も持ちたくない男性はポケットに入れても苦にならない重さです。

犬の散歩とかにも良いサイズ感。

「ちょっと」の水分補給にちょうど良い

外出先で「ちょっと喉が渇いたな、でも自動販売機で飲み物を買うほどでもない(なんかお金勿体ない)」ってときありますよね。

かといって「水筒持ってくのも違うな~(多分そんなに飲まないし)」というとき、小さいステンレスボトルがあると、ちょうど良いです。

先ほども触れた通り、散歩や買い物などの数分、1~2時間程度の外出なら、コップ1杯分の水分補給があれば、充分満たされると思います。

私は、毎日片道1時間の通勤中、30分は電車の中で立っているので、たまに貧血になることがあるのですが、そういうときに水分が欲しくなるんですよね(私の場合)。

もちろん徒歩で会社に向かっているときも(信号待ちなど)、「水分欲しい」と思うときもあります。

そんなときにジャンバーのポケットやショルダーのポケットから、小さいステンレスボトルだせば、小さなモーションで水分補給ができるので助けられています。

水分は意識して飲むようにしないとね。

小さいステンレスボトルのおすすめ5選

ロフトや東急ハンズでも買えますし、Amazonや楽天市場などで「小さい ステンレスボトル」と検索すればたくさん商品がでてきます。

その中でも個人的におすすめしたいものを紹介します。

  • ポケトル「POKETLES」120ml
  • ラフィネス「ミニボトル」140ml
  • キャラものの小さいステンレスボトル150ml
  • サーモマグ「アンブレラボトル ミニ」190ml
  • タイガー「ステンレスミニボトル」200ml

120mlという最小から、200mlまでのステンレスミニボトルを紹介します。

小さいステンレスボトルの火付け役「ポケトル」120ml

(画像引用先:ポケトル公式

製品名 POKETLE ポケトルS
容量 120ml
価格 税込1,430円
カラー ブラック・ネイビー・ホワイト
ベージュ・ピンクなど

ポケトルは、小さいステンレスボトルの火付け役となったブランドです。

その人気ぶりから、一時はどこも完売していたほど。

かなりシンプルな作りなので、洗うのも簡単(フタ・パッキン・ボトル)ですし、壊れたりしたら、フタのみ(パッキンのみ)購入することもできます。

上記画像のものは「ポケトルS」ですが「ポケトル120」だと内容量は同じで、価格が税込1,320円。

「ポケトル120」は、ボトル表面がマット加工になっているので、オシャレな感じです。

他にも、ロゴがゴールドだったり、色展開が落ちついていたり、「ポケトルS」と若干デザインが違います。

(画像引用先:ポケトル公式

上記画像は「ポケトル120」。

(画像引用先:ポケトル公式

最近では、ポケトル専用とサコッシュやカラビナ付き専用カバーなどが販売されていて、さらに使い勝手が良い感じになっています。

スタイリッシュだし、男女問わず使えるデザインがイイネ。

木目調がインテリアにも馴染む小さいステンレスボトル 140ml

(画像引用先;楽天市場

製品名 ラフィネス ミニボトル
容量 140ml
価格 税込1,780円
楽天市場参考

木目調のフタが可愛い「ラフィネス」のミニボトル。

就寝前の水分補給として、小さいステンレスボトルを愛用している人もいるみたいですが、インテリアとしてもオシャレな水筒です。

(画像引用先;楽天市場

ベッド横に、飲み物があると「ちょっと何か飲みたい」ときに便利(水分補給のために、わざわざ台所に行かなくても済む)。

もちろん、持ち歩いても可愛いデザインです。

オシャレ。

キャラもののミニステンレスボトル(スヌーピー・ムーミン)150ml

(画像引用先:楽天市場

製品名 ミニステンレスボトル
容量 150ml
価格 税込2,180円
カラー スヌーピー・ミイ

小さいステンレスボトルは、キャラとのコラボも結構多いです(Amazonにはピカチュウもあった)。

自分の好きなキャラクターで、ミニステンレスボトルを検索したら、意外と製品があるかもしれません。

キャラものは、子どもが持っていても当然可愛いし、気に入ったキャラがあるなら大人が使ってもテンション上がりますよね。

私は、ロフトに行ったときに、150mlのこのサイズ感が1番がちょうどよかったので、こちらのスヌーピーにしてみました。

実際の使用感については、後ほど紹介します。

ユニークなデザインが豊富な「サーモマグ」190ml

(画像引用先:サーモマグ公式

製品名 thermo mug(サーモマグ)
アンブレラボトル ミニ
容量 190ml
価格 税込2,860円
カラー ブラック・ホワイト・
ラベンダー・他多数

サーモマグは、「ステンレスミニボトル」で調べると、出てくる水筒で有名なブランドの一つ。

製品名にアンブレラと入っている通り、傘のようにコンパクトな水筒です。

上記画像の他にも、ストライプや和柄、水玉、果物柄など、とにかくデザインが豊富

周囲の人と似たデザインのものを持ちたくないという人におすすめです。

もちろん、シンプルなカラー展開もあります。

(画像引用先:サーモマグ公式

上記のデザインを見て「あっ見たことあるわ」という人もいるのではないでしょうか。

ただ「フタを開けるときに手に金属臭がついてしまう」という口コミもあるので、ロフトなどで実物を触って、自分にとって不快じゃないかどうかを確認した方が良いかもしれません。

確かに、この仕様のステンレスボトルのフタは珍しい。

また、サーモマグは子供用の水筒が有名ですよね(以下、Animal Bottle/380ml/3,300円)。

内容を入力してください。

(画像引用先:サーモマグ公式

「子ども絶対喜ぶじゃん!」という可愛い見た目の水筒。

親子でサーモマグをお揃いにしても可愛いし、誕生日プレゼントにセットであげても喜ばれそうですね。

親子で持ってたら可愛いね。

小さいステンレスボトルだと若干足りない人に「TIGER」200ml

タイガー公式

製品名 ステンレスミニボトル
MMP-J021
容量 200ml
価格 税込4,950円
カラー ブルー・ピンク・
ホワイト

タイガーのステンレスボトルは、ボトル内が加工されていて、汚れやニオイがつきにくくなっているのが特徴です。

値段的には「高め」ですが、毎日使うことを考えれば、汚れがつきにくい仕様になっているのは心強い。

タイガー公式

また、タイガーの小さいステンレスボトルは、マグカップみたいな厚みのある飲み口なので、ステンレスボトルの尖った感じがありません(これがけっこう嬉しい)。

パーツは、フタ・パッキン・本体なので、お手入れも簡単。

また、大手の製品だと部品のみ販売していることも多く、壊れたときも一部を買い替えればまだ使うことができるので、長く使える安心感があって良いですよね。

「ステンレスミニボトルMMP-J021」も、フタやパッキンは別で購入することができますよ。

水筒といえば「タイガー」。

思ってたより「めっちゃ使えるじゃん」ミニボトルのリアルな使用感

私が購入したのは、上記でも紹介したキャラもののステンレスミニボトル。

「好きなキャラクター」というものがない私ですが、150mlのサイズ感や表面のマットな質感が気に入りました。

私がステンレスミニボトルを使う場面は「通勤」と「職場」

実際に使ってみてリアルに思ったことは、以下の通りです。

【実際に使ってみてリアルな使用感】

  • 小さいからカバンの中でも嵩張らないし、職場のデスクでは置き場にも困らない
  • 「水分を持っている」だけで安心感があるし、実際に飲めるから快適(通勤中)
  • 使い捨ての紙コップのゴミが減ってサステナブル(職場)
  • 紙コップよりも容量が多くて、飲み物を足す回数が減ってラク(職場)
  • 夏場は冷たいものが飲める、冬場は暖かいものが飲める最高
  • 洗うのは苦じゃない、洗剤を入れて「シャバシャバ」振るだけ(本体)

職場には、ウォーターサーバーがあって「自由の飲んでもいいよスタイル」。

いつもは使い捨ての紙コップで飲み物を飲んでいたのですが、ミニボトルにすればゴミも出ないし、温度も保たれるので気に入っています。

また、ショルダーバックのサイドポケットにすっぽり入るので、通勤中の水分補給にも良い感じ(ミニボトル用ですか、ってくらいピッタリだった)。

しかも、私が購入したミニボトルは安いのに、飲み口の部分に専用の部品がついていて、口当たりも良い感じです。

個人的には「ちょい高い」だったけど(税込2,180円)。

お茶のパックを中に入れて、何度もお湯を足して飲むので、勢いでパックが出てくる心配もないし、これは嬉しい。

ただ白色なので、女性は口紅がついてしまうのが気になるかもしれません(自分は気になる)。

他を購入する際も、そういったところが気になる人は、飲み口の色もチェックしてみてください。

一つあると便利!小さいステンレスボトルを持ち歩こう

洗いづらいといえば洗いづらいけど、「ちょっと」というときに便利な小さいステンレスボトル。

私も最初は「いらないかな」と思ったけど、購入してからは毎日使っています。

意外とプレゼントなんかにも良いですよね(男性よりかは女性が喜びそう)。

気になっている人は購入してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました