韓国ヘアケア「moremo(モレモ)」のシャンプー&トリートメント&オイルの使い方レビュー

美容
スポンサーリンク

髪が硬くて量が多い私はしばらくシャンプー&トリートメント難民でした。どれを使っても大差はなく、まとまらないしアホ毛は立つし…。

美容室に行ってトリートメントしてもらえば少しよくなるものの、それも一瞬のこと。

そんな私が久しぶりに、あ~これいいなあと思ったのが今回紹介する韓国のヘアケアブランド「moremo(モレモ)」のトリートメント。

個人的な感想や使い方を含めて紹介していきます。

スポンサーリンク

大人気の韓国ヘアケアブランドmoremo(モレモ)とは

(画像引用:モレモ公式オンラインショップ

「moremo(モレモ)」は韓国のヘアケアブランド。

日本の公式オンラインショップで取り扱っているのはシャンプー、トリートメント、ヘアオイルですが、洗顔や日焼け止めといったフェイス、ボディケアアイテムも展開しています。

moremo(モレモ)の特徴

  • ダメージ補修、保湿力に優れトゥルンとした髪になる
  • かわいいボトルデザイン
  • 豊富なトリートメントの種類
  • お値段はちょっと高め
  • 日本ではオンライン購入がメイン
  • セット購入、単品購入どちらも可能
  • お試しサイズのセットはなし

moremo(モレモ)は日本のオンラインショップで買えるトリートメントだけでも6種類。

全部買いそろえるとなると結構なお値段になるので(正直全部はいらない)、自分に必要そうなものを選ばなくてはいけません。

とはいえ、初見では何がどう違うのかわかりにくいので(私も友人にいっぱい質問しました)次からは実際に使った感想を紹介します。

moremo(モレモ)のシャンプー&トリートメント&オイルの効果、価格、使い方レビュー

私が選んだのはシャンプーとトリートメント3種、ヘアオイル。

それぞれ効果や使い方を紹介していきます。

※価格は公式オンラインショップのものを表記しています。

【シリコンフリー】リペアシャンプーR

シャンプー

(画像引用:モレモ公式オンラインショップ

容量 300ml
価格 2,310円
特徴 ・石油系界面活性剤フリー
・シリコン、パラベン、硫酸フリー
・アミノ酸17種類ハーブエキス配合
効果 ・髪のダメージ補修

moremo(モレモ)のシャンプーはダメージ補修用の「リペアシャンプー」と頭皮ケア用の「スカルプシャンプー」があります。

やはりダメージヘアを気にする人が多いからか、リペアシャンプーの方が人気です。

洗い心地は、まあ普通。

1プッシュで出てくる量が少ないせいか、泡立ちはあまりよくないですが、しっかり予洗いすればそこそこです。(どうしても物足りないので私は2回シャンプーしてます)

予洗いの方法
1)櫛で髪をブラッシング
2)髪の根元や頭皮を重点的に2分程度しっかりシャワーで洗い流す
古い角質やほこり、抜け落ちた髪などをある程度取り除いておくことが目的。

香りはシャンプーとしては珍しいような独特の香りです。嫌な臭いではないけれど、さして好きではない…みたいな。

正直シャンプー終了時点では特に劇的な変化はありませんでした。洗うことが目的なので当然と言えば当然ですね。

メンソールが入っているので、「洗った感」がありますが、スッとした感覚が苦手な人は注意かも。

【定番人気】ウォータートリートメント ミラクル10

ウォータートリートメント

(画像引用:モレモ公式オンラインショップ

容量 200ml
価格 2,508円
特徴 ・10秒もみ込んで洗い流すだけ(待ち時間なし)
・シリコンフリー
・細くて柔らかい髪質の人向け
・毎日使う用
効果 ・髪の保湿

moremo(モレモ)の定番と言えばウォータートリートメント。名前の通り水のようなトリートメントです。

公式推奨の使い方は髪の水気を軽くとってから塗布し、10秒ほど髪をもみ込んでぬるま湯で洗い流すだけ。

○分置いて~という待ち時間が無く手軽にできるのが人気のポイントですね。

出してみた感覚は本当に水。

香りは爽やかなフルーティフローラル。甘すぎず、リラックスできるので、シャンプーよりは好みです。

髪に水気が残りすぎていると、トリートメントが流れていってしまうので、私はタオルで軽く拭いてから使っています。

待ち時間も髪が細めで柔らかい人であれば10秒で十分ですが(友人談)、硬めの人やダメージが気になる人はもう少し時間を置いておくのがおすすめ

もみ込むと少しぬめりがでてくるので、私はその状態で2分くらい放置しています。

洗いあがりは、トリートメントでよくある「髪が良くなったのか、ただぬめってるのかわからない」といった感じではなく、髪が元気になったイメージ。

この状態で乾かすと、さらっとした仕上がりになりますが、潤いの観点から見るともう一声!という印象です。

【ダメージ補修】ヘアトリートメントミラクル2X

ヘアトリートメント

(画像引用:モレモ公式オンラインショップ

容量 180ml
価格 1,980円
特徴 ・タンパク質7種、保湿成分8種配合
・シリコン、パラベン、硫酸フリー
・パーマ、カラーなどのダメージヘア向け
・週3~4で使う用
効果 ・髪のダメージ補修

ウォータートリートメントの後に使うのがヘアトリートメントミラクル2X。

ウォータートリートメントはダメージヘアの補修より保湿に重点を置いているので、髪質が硬めだったり、ダメージがひどい場合はこっちもセットで使うのがおすすめ

使い方は、水気を切った髪にまんべんなく(毛先は多めに)塗って5~10分放置し、洗い流すよくあるトリートメント。

これを使うと、ウオータートリートメントで得たさらさらに滑らかさとまとまりがプラスされる感じがします。

よくできてますね。

【2段階ケア】2STEP ヘアクリームR

2ステップ

(画像引用:モレモ公式オンラインショップ

容量 300ml
価格 3,740円
特徴 ・タンパク質、アミノ酸、ペプチド配合
・低分子と高分子の2重ヒアルロン酸
・週1くらいで使う用
効果 ・髪のダメージ補修、保湿

洗い流すタイプで最後に使うのが2ステップヘアクリーム。

そこまでダメージが無い人であれば上2つで十分だと思うのですが、昭和のおやじ並みに頑固な私の髪は、これを使うことによってかなーり変化があります。

アホ毛がなくなった、櫛でつっかかることが無くなったといった実感があったのも2ステップクリームを使った時ですね。

その代わり、使い方は結構大変。

まず水気を切った髪にステップ1のクリームをダメージの気になるところに塗布します。ステップ1は固めのクリームで、今までで一番「効きそう!」って感じです。

そして5分放置し、そのまま洗い流さずステップ2を上から塗りさらに5分放置。私はすでにステップ1で洗い流すミスを2度ほどやらかしてます。

ステップ1では髪の栄養補給、ステップ2ではそれをコーティングする役割がそれぞれあるので、ステップ1で洗い流すとコーティングされないまま洗い流されてしまいます。要注意です。

【仕上げ】ヘアエッセンスディライトフルオイル

ヘアオイル

(画像引用:モレモ公式オンラインショップ

容量 70ml
価格 1,738円
特徴 ・8種類の植物性オイル
・髪がべたつきやすい人向け
効果 ・髪のまとまり感、手触りの良さアップ

トリートメントやシャンプーもかなり魅力的ですが、どれかひとつしかリピートできないとしたら、私はこのオイルを選びます。

オイルというとどうしてもベタっとしたイメージだったのですが、moremo(モレモ)のオイルはべたべたどころかサラサラになります。

自分の髪をずっと触っていたくなるくらいにはサラサラです。びっくり。

もちろんトリートメントをしたからというのもありますが、割とこのオイル単体でもサラサラ感はかなり得られます。

使い方はタオルドライをした髪にまず馴染ませ、ドライヤーで乾かした後再度オイルでセット。

通常のヘアオイルと変わりないですね。

ヘアオイルで人気のN.(エヌドット)は30mlで1,200円なので、moremo(モレモ)の方が800円程度お得なのもうれしいポイント。

柑橘系の香りのN.(エヌドット)に対し、moremo(モレモ)はウォータートリートメントに似たフルーティな香り。

キツすぎずちょうどいいので、ヘアオイルを探している人にはぜひおすすめしたいです。

moremo(モレモ)のトリートメント結局どれを買うべき?

moremo(モレモ)のトリートメントは髪の悩みや髪質によっておすすめが異なります。

【洗い流すタイプ】

洗い流すタイプは3種類。ダメージや髪質で最適なものを選びましょう。

  • サラサラ感重視→ウォータートリートメント
  • うるおい感重視→ウォータートリートメント+ヘアトリートメント(またはヘアトリートメントのみ)
  • ダメージ補修重視→ウォータートリートメント+ヘアトリートメント+2ステップクリーム

個人的にはヘアトリートメントまでは購入しておいて、ダメージ量に合わせて使用頻度を変えるのがおすすめです。

【洗い流さないタイプ】

洗い流さないタイプのトリートメントは3種。基本的には洗い流すタイプを使ったうえで、プラスしたい要素で選びましょう。

個人的にはどれか1個あれば十分です。

  • カラーによるダメージが気になる→ホイップクリーム
  • こてやアイロンの熱によるダメージが気になる→ヘアバーム
  • バランスよく栄養・保湿・保護成分を補給したい→アンプルクリーム

ほかにもオイル1種、セラム1種があるので、触り心地優先ならオイル、さらにダメージ補修をしたい場合はセラムがいいでしょう。

moremo(モレモ)はカラーやパーマのダメージによって使い分けよう

忙しくてなかなか美容室に行けない…という人も自宅でサロンのようなケアができるのがmoremo(モレモ)の魅力。

残念ながらお試しサイズがないため、最初からフルセットで購入するよりは、自分の髪と相談しながら選ぶのがいいしょう。

タイトルとURLをコピーしました