メンズスキンケア初心者向けのやり方、無印良品で揃えれば簡単にはじめられる

スキンケアをしている男性 美容
スポンサーリンク

「肌の綺麗さ」は、その人の清潔さを判断する上でも、かなり印象を左右します。

そのため、男性の中でも「肌が綺麗になりたい」「でもどうやってやるんだろう」など、スキンケアに興味を持っている人も多いでしょう。

本記事では、そんなスキンケア初心者の男性でも、簡単にわかる・気軽にはじめられるスキンケア方法や、無印良品で簡単に揃えられるスキンケア製品について紹介します。

スポンサーリンク

メンズスキンケアのやり方を紹介、自分の肌タイプも知っておこう

男女に共通する基本的なスキンケアは、以下の通りです。

【メンズスキンケアのやり方】

  1. 洗顔
  2. 保湿
  3. 日焼け止め

ざっくり分けると、必要なスキンケアは3つ。

そして、スキンケアをするときは、まず自分の肌タイプを知っておくと便利です(最初は、なんとなく「自分は〇〇肌っぽいな」くらいでもOK)。

自分の肌のタイプはどれ?
普通肌 脂っぽい感じもないし、
乾燥もしていない
乾燥肌 脂っぽい感じはないけど、
乾燥する(肌がつっぱる・粉がふく)
脂性肌 乾燥はしないけど、
脂っぽい感じで顔がテカる
混合肌 乾燥する部分もあれば、
テカる部分もある
敏感肌 肌が乾燥する、
かゆみやひりつきがたまにある
湿疹やかぶれ、赤みもでる

では、以下スキンケアについて詳しく説明します。

最初から完璧にできなくても、できるところから取り入れてみましょう。

簡単にできるメンズスキンケア1|洗顔

洗顔について知っておいて欲しいことは、以下の通りです。

【洗顔をするときに気をつけること】

  • 肌に手が直接触れないように泡で洗う
  • 人肌くらいのぬるま湯で洗う
  • 30秒~60秒以内で終わらせる
  • 「清潔なタオル」で顔を拭く

世界で最も大きな皮膚医学の組織の一つ米国皮膚科学会では、スキンケアに効果があるものとして「保湿」「日焼け止め」の2点を挙げています。

「じゃあ洗顔は?」ということになるけど、これは肌タイプによります(たとえば、乾燥肌の人はぬるま湯だけで十分だと言われている)。

ただ、男性は女性よりも皮脂がでやすいという特徴があるので、洗顔は取り入れてみて、一度自分の肌に合うかどうか試してみると良いでしょう。

「洗顔ネット」などを使って、直接手が触れないように泡で優しく洗う

「摩擦」は肌にとってかなりダメージを与えてしまうので、洗顔をするときは顔と手が当たらないようにすることが大切です。

洗顔ネットを使えば少量の洗顔料でも、簡単にキメ細かい弾力泡を作ることができるし、めちゃくちゃ気持ち良いのでおすすめ。

弾力のある泡を使って、手を上下に動かして肌をこするというよりも「泡を顔に何回も押し当てる」イメージで洗顔します。

それが面倒なら、最初から泡で出てくる洗顔を使うのが良いでしょう。

洗顔は30~60秒で終わらせる、水温は人肌くらい、清潔なタオルで拭こう

長い時間洗顔をしていると、肌に必要な皮脂まで失うことになり、乾燥をしたり、逆に皮脂が過剰にでてしまって顔がテカりします。

そのため、泡を顔につけた時点から乾燥肌の人は30秒、脂性肌の人でも60秒までには、顔を洗い流してください

他にも、洗顔のときは「人肌くらいのぬるま湯(37度くらい)」が良いと言われています。

水温が低いと皮脂の汚れが落ちないし、かといって水温が高すぎると、セラミドなどの保湿成分も洗い流されてしまうからです。

ちなみに、せっかく洗顔で顔を綺麗にしたのに、雑菌だらけのタオルで拭いてしまうと顔を洗った意味がないようなものなので、清潔なタオルを使ってくださいね。

スキンケアの行程で洗顔は1番面倒かも。

朝は水洗顔だけで十分!乾燥肌・敏感肌の人は試す価値あり。
モデルさんや女優さんの中でも実践している人が多い「水洗顔」。 モデルさんや女優さんがしていると真似をしたくなりますが、「肌の汚れがちゃんと落ちてない気がする」「水だけでいいの」など、色々気になりますよね。 本記事では、水洗顔に適...

朝は水洗顔だけで十分!乾燥肌・敏感肌の人は試す価値あり。

簡単にできるメンズスキンケア2|保湿

保湿剤の種類は「化粧水導入液」「化粧水」「乳液」「美容液」「クリーム」などがあるのですが、正直言って全てを使う必要はありません。

まずは「化粧水」「乳液」の2つ使いを基本にして、乾燥が気になる秋冬は「クリーム」を部分的につけるのがおすすめ

また、保湿に関しては「保湿剤を肌に塗るだけ」なのですが、自分に好きな使用感に出会うまでが苦戦するでしょう。

自分の好きな使用感が分からないという場合は、自分の肌タイプで合うものを使います。

米国皮膚科学会のサイトを参考にすると、たとえば以下の通りです。

スキンケアを選ぶ基準
乾燥肌 ・「セラミド」が入っている製品を選ぶ
・アルコール成分や香料が入っている
製品は刺激が強いので避ける
脂性肌 ・「オイルフリー」「ノンコメドジェニック」
の記載がある製品を選ぶ
・マイルドな洗顔料を選ぶ

脂性肌の人についてもう少し詳しく説明すると、オイルフリーとは、その言葉の通り「オイルが入っていないもの」という意味で、オイルが入っていると毛穴を詰まらせてニキビができたり、肌へ刺激となる可能性があるからです。

「ノンコメドジェニック」とは、コメドと呼ばれる皮脂で、毛穴が詰まった状態のニキビの初期症状が一定の基準で現れるかどうかのテストを受けて、そのテストにクリアした商品につける名称です。

そのため、ドラックストアなどでスキンケア製品を買うときは「乾燥肌用」「脂性肌用」となっているものを買うようにしたり、製品説明に上記のような記載があるものを選びましょう。

このような感じで、肌にベストなスキンケアがそれぞれあるので、スキンケア製品選びは重要です。

簡単にできるメンズスキンケア3|日焼け止め

「洗顔」「保湿」を実践している男性は多いですが、日焼け止めを使っている男性は、正直少ないでしょう。

しかし、肌のケアに関しては「みんながしないから自分もしない」ではなく「数年後の自分が後悔しないように、今からケアする」ことが重要です。

「なぜ日焼け止めを塗るのか」理由を簡単にいえば、日焼けによる紫外線によって肌が老化するのを防ぐため

他にも、肌が紫外線を浴びることで「炎症する」「シミ・そばかすが増える」「皮膚がん」などの影響を肌に与えることもあります。

日焼け止めの使用感は重たいものから「クリーム→ミルク→ローション」となっているので、ペタペタするのが苦手な人は、ローションなどの軽めな使用感のものを選びましょう。

ちなみに、日焼け止めには「SPF」という紫外線防止指数がありますが、日常生活レベルならSPF30くらいで十分です。

紫外線は、天気や天候に関わらず、また家の中にいても関係なく、常に降り注いでいるものなので、最低でも顔には日焼け止めを塗りましょう。

無印良品からはじめるメンズスキンケア

スキンケア製品はドラックストアなどでも購入できますが「女性がいると買いづらい」「どれを買えば良いか悩んでしまう」というときは、無印良品で揃えるのがおすすめです。

値段も手頃で、ボトルデザインなども中性的なので、性別問わず使うことができます。

また、旅行用として小さなサイズもあるので、試して使うのにちょうど良いです。

無印良品のスキンケアには「エイジングケアシリーズ」「ハーバルシリーズ」「薬用美白シリーズ」などがありますが、中でも人気があり、1番値段も手頃な「敏感肌シリーズ」から紹介します。

無印良品からはじめるメンズスキンケア1|洗顔

(画像引用先:無印良品)

製品名 マイルド保湿洗顔フォーム
容量 120g
値段 税込650円

無香料、無着色、無鉱物油、アルコールフリーで、クセがなく使えるマイルドな洗顔フォームです。

マイルド処方なので、脂性肌の人にもおすすめ。

(画像引用先:無印良品)

同じく無印良品で購入できる「洗顔用泡立てネット」税込120円を使えば、モコモコな泡が作れますよ。

洗顔用の泡立てネットは百均でも購入できるのですが「百均よりも泡のキメが細かくて良い」という口コミもあります。

無印良品からはじめるメンズスキンケア2|保湿

(画像引用先:無印良品)

製品名 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ
容量 200ml
値段 税込690円

無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー・アレルギーテスト済みで、敏感肌や乾燥肌の人でも使える化粧水です。

女性の中でも使っている人が多く、以前は雑誌などにもよく載っていました。

値段も手頃で、200mlとたくさん入っているので、バシャバシャ使えるのも嬉しいですね。

他にも「しっとり」「さっぱり」の使用感から選べますが「高保湿」が1番人気。

(画像引用先:無印良品)

製品名 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ
容量 200ml
値段 税込780円

無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー・アレルギーテスト済みで、敏感肌や乾燥肌の人でも使える乳液です。

高保湿なので、クリームをつけなくても十分「保湿された感」があります。

肌に馴染むまでは「ペタペタ」と感じるので、それはもう「乳液はそういうもの」だと思って、慣れるしかありません。

(画像引用先:無印良品)

製品名 保湿クリーム 敏感肌用
容量 50g
値段 税込980円

無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー・アレルギーテスト済みの保湿クリームです。

クリームの伸びもよくで、値段も手頃で使いやすいのが特徴。

見た目もシンプルなので、洗面台がごちゃごちゃしません。

無印良品からはじめるメンズスキンケア3|日焼け止め

(画像引用先:無印良品)

製品名 日焼け止めミルク SPF30PA++
容量 30ml
値段 税込590円

顔・からだ用の日焼け止めです。

無香料・無着色・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリー・紫外線吸収剤不使用・アレルギーテスト済みなので、安心して使うことができます。

のびもよく、さらっとした使用感が特徴なので、ペタペタ感が嫌な人にもおすすめです。

正直、無印良品の日焼け止めはこそまで有名ではないので、個人的にはドラックストアなどで購入できるものでも良いかと思います。

たとえば、キュレルの「UVエッセンス SPF30 PA+++」(50ml)値段1,323円※値段はAmazon参考

(画像引用先:Amazon)

個人的に使用感が好きな日焼け止めです。

これなら、ペタペタ感も少なく男性も使いやすいのではでないでしょうか。

他にも、ニベアやビオレなどの日焼け止めで顔にも体にも塗れる日焼け止めがあるので、ドラックストアで購入するのアリ。

メンズスキンケアまとめ

「無印良品が絶対に良い」というわけではありませんが、男性だからといって、ドラックストアで「男性用」と記載のあるものを購入すると、失敗することがあります。

たとえば、日焼け止めでもSPF50(海などのレジャーに適した指数)となぜか紫外線防止指数が高いものだったり、化粧品でも清涼感のためにスースーするものだったり。

肌質によってはそれが合わないこともあるので、製品説明をよく読んだり、店頭にテスターや試供品があるなら試してみたり、よく検討した方が良いでしょう。

女性向けの化粧品の方が種類が豊富なので、自分の肌に合うのであれば、特別「男性用」を購入する必要はありません。

タイトルとURLをコピーしました