唇の色が薄いのはもう嫌、唇の色が薄い原因や血色をよくする方法を紹介

唇の色が薄いのはもう嫌、唇の色が薄い原因や血色をよくする方法を紹介 美容
スポンサーリンク

唇の色が薄いと顔がパっとしないからテンション下がるし、唇に色がないと不安で、自信がもてないから常に口紅を塗り直しちゃう。

口紅を塗らなくても、もとから唇に色がある人が羨ましい。

まさに私も唇に色がなくて悩んでいる人ですが、本記事では唇の色が薄い原因や、唇の色が薄い人の悩み、解決策について紹介します。

スポンサーリンク

唇の色が薄い原因とは、私はなんで唇の色が薄いの?

唇の色が薄いの原因は、以下の通りです。

【唇の色が薄い原因】

  • 貧血などの体調不良、血行不良
  • 日焼けによるダメージ
  • 唇を舐めるクセがある

唇の色が薄い原因のほとんどは、上記の3つが原因です。

以下それぞれの項目について、詳しく説明します。

「唇の色が薄いのは遺伝かな」とも思ったけど、そうじゃないみたい。

貧血などの体調不良、血行不良

貧血、血行不良は、唇の色が薄い原因の一つです。

人によって症状は異なりますが、貧血になると、めまいや顔面蒼白の他にも、唇の色が薄くなるのです。

そもそも唇に赤みがある理由は単純に「血色」なので、唇の色が薄い理由として、貧血・血行不良というのは、確かに納得できますよね。

貧血になる原因は、簡単にいうと鉄分不足(これもう耳にタコできるほど聞くやつ)、他にも、間接的な原因として睡眠不足、水分不足など。

血行不良の原因は、運動不足、自立神経の乱れ(ストレス)・食生活の乱れなどが挙げられます。

私は日頃、体調不良じゃないときも唇の色が薄いので「私の理由はこれじゃない」と思っていたけど、よくよく考えれば心当たりがあります。

1か月に2回は貧血になるし、貧血予防として普段から鉄分を摂取してるわけでもないし、運動もしてないし、朝の目覚めも悪い(睡眠不足)、意識しないと水分は取らないし・・・。

「え、けっこう当てはまっちゃってるんですけど」と、意外と私のような人は多いのではないしょうか。

日焼けによるダメージ

「唇の色が薄いっていうか、唇の色が良くないっていうか」みたいな人は、日焼けによるダメージが原因かも。

肌同様に紫外線対策必須なパーツなのに、なかなか面倒で「気がむいたときにしか、保湿してなかった」「保湿はするけど、唇の日焼け止め対策はしてなかった」なんてことはありませんか(まさに私なんですどね)。

唇はバリア機能が低く、紫外線のダメージを受けると、シミ、黒ずみ、くすみ、色素沈着などを起こします。

単純に乾燥によって唇の皮がめくれて、唇が白っぽく見えるなんてこともあるかも。

唇の日焼けするのか。

唇を舐めるクセがある

上記の原因がおそらく大体を占めると思うのですが「口紅や色付きリップを塗っても、気づくとなんだか唇の色が悪い」という人は、唇を舐めるクセがあるのかもしれません。

たとえば、間食としてお菓子をよく食べる人は、口紅が取れやすいし、水分をよく摂る人も口紅が取れやすく、唇が乾燥しやすいです。

先ほども触れた通り、唇は乾燥すると皮がめくれたり、荒れたりするので、できれば小まめに保湿するか、唇を舐めないように意識した方が良いでしょう。

唇の色が薄い人の悩み・唇の色が薄い人のリアルな声

唇の色が薄くて悩んでいる人、唇の色が薄い人のリアルな声をTwitterから紹介します。


そう、よく「具合悪い?」とか聞かれる、いや普通に体調良いよって言う。

マスク生活してると、口紅つけ忘れて、ふとマスク外すときに「あぁ唇無色だった」となるときがある。

正直、あんまり唇の色が薄くて悩んでいる人の投稿がありませんでした(なぜ)。

個人的には、以下のようなリアルな悩みがあります。

【唇の色が薄い人のリアルな悩み】

  • 口紅をつけないと、顔色が悪く見える・パッとしない
  • 口紅が取れると、唇の色が薄いから恥ずかしい
  • 口紅をつけていないと、ふと鏡で見た自分の顔にテンションが下がる
  • 常に唇に色があるものを塗らないとやってけない(でも面倒)

学生の頃はもちろん、不健康そうな顔が嫌で、血色感が欲しいから色付きリップをつけていたし、大人になってからは、アイメイクがばっちりでも唇に色がないとすっぴん感が強いから、口紅を何度も塗り直したり・・・。

ただ冒頭でも触れた通り、もともと唇の色が濃い人は、つけたい口紅があっても、もとの唇の色に口紅が負けてしまうのが嫌なようなので、お互い「無いものねだり」ですね。

何もつけなくても唇の色が濃い人、血色感がある人が羨ましい。

唇の色が薄いのはもう嫌、唇の血色を良くする方法

唇の色が薄いのはもう嫌、唇の血色を良くする方法

唇の血色をよくする方法は、以下の通りです。

【唇の血色をよくする方法】

  • 健康的な生活を心がける(鉄分を摂取・睡眠確保など)
  • こまめに保湿しながら、唇をマッサージする
  • 唇の汚れをしっかり落とす
  • 口紅・色付きリップを塗るのが1番手っ取り早い

それぞれの項目について、詳しく説明します。

健康的な生活を心がける(鉄分を摂取・睡眠確保など)

上記で説明した通り、貧血になりやすい人や血行不良の人は、唇の色が薄くなります。

唇の色が薄いから、体調が悪く見えるとかじゃなくて、そもそも体調が万全じゃないんですね。

そのため、1番の解決方法は、意識的に鉄分の多い食事を心がける、運動をする、こまめに水分をとる、十分な睡眠をするなどの健康的な生活を心がけることです。

体調が良いと唇にも血色感がでるので、自然なピンク色になることができます。

確かに、何も塗らなくてもピンク色ってときもあるんだよな。そういうときは体調が良いんだね(自分の体調に対して鈍感)。

こまめに保湿しながら、唇をマッサージ

唇が乾燥していると、唇の色がくすんで見えたり、血色感がないように見えることがあります。

こまめに保湿することで、ぷっくりした唇になるし、そのついでにマッサージをすることで、唇に血色感を出すことがでます

唇に保湿リップを塗ったら、唇の中心から口角に向かって薬指の腹で、くるくるマッサージするのです。

けっこう簡単なので、気がついたタイミングでマッサージすると良いでしょう。

唇の汚れをしっかり落とす

「唇の色が薄いというか、色が悪い」という人は、唇の汚れが関係しているかもしれません。

顔全体をクレンジングしても、目元や口元の化粧が上手く取れていないことがあります。

汚れとして唇に蓄積していると、唇が荒れる原因にもなるし、唇がくすんで、色が悪く見えるのです。

夜寝る前や朝起きてから、ぬるま湯に濡らしたコットンもしくは、クレンジングウォーターを湿らしたコットンなどを使って、唇についている口紅や汚れを落とすことで、唇のくすみなどを防ぐことができますよ。

口紅・色付きリップを塗るのが1番手っ取り早い(おすすめリップも紹介)

健康的な生活を心がけることも、こまめに保湿してマッサージするのも大切だけど、血色感を出したいなら、口紅・色付きリップを塗るのが一番手っ取り早いです。

色付きリップが1番手軽なのですが、すぐに落ちてしまうので、こまめにつけ直すのが面倒な人は、色味が長持ちするような口紅・ティントがおすすめ。

私は今まで口紅や韓国系化粧品でティントも使ったけど、口紅はすぐ色が落ちるし、韓国系のティントは唇がボロボロになるので、もう迷子になっていました(ティントが悪いというわけではなくて、単純に自分の唇に合わなかった)。

最近、アディクションの「ザ マット リップ リキッド」をつけているのですが、朝8時くらいにつけたら午後3時くらいまで、唇に色がついていて有難い(間食・昼食しても)。

ちなみに、私は顔も化粧も薄い方で、ティントとかつけると口元が浮くので、濃いめの口紅をつけてティッシュオフしています。

学生の人でも、そのようにすると自然な血色感が出せるのではないでしょうか。

【マスクに付かない】2020年新作のアディクションのリップ、人気色ブラウンの感想レビュー
2020年7月に新作が発売され、SNSでは「マスクにつかないリップ」として、かなり人気があるアディクションのリップ。 9月末現在、公式オンラインショップでは、ほぼ全色在庫切れの状態です。 そのなかでも、人気色である「12番フォク...

【マスクに付かない】2020年新作のアディクションのリップ、人気色ブラウンの感想レビュー

唇の色が気になる人はまずは自分の健康管理に気をつけよう

私は自分の体調やストレスなどに鈍感なので、唇の色が薄くても、自分の生活を改めるなんていう発想はありませんでした。

しかし、考えてみると、唇の色が薄いのは自分の体からのSOSサインなのかもしれません。

口紅や色付きリップを塗ってしまえば簡単ですが、根本的に体調を改善しないことには、いつまでたっても唇の色は薄いまま(自分の言い聞かせる)。

食事や睡眠、生活習慣を改めるのは面倒なことですが、自分の唇の血色のため、健康のために取り組んでみても良いかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました