気温12度、13度、14度の春と秋の服装!おしゃれで快適に過ごせるレディースコーデはこれ!キャンプやゴルフコーデもチェックして

気温14度のレディースの服装 ファッション
スポンサーリンク

日中は暖かいけど朝晩が寒いなど、季節の変わり目は服装も悩むもの。暑すぎず寒すぎず、ちょうどいいコーデを見つけるのって結構大変ですよね。

今回は「気温12~14度」という最も微妙な温度でも迷わないレディースコーデを紹介!タイツはいつから?という疑問や、ゴルフやキャンプなどのレジャーコーデの悩みも解決しちゃいます!

スポンサーリンク

そもそも気温12度~14度って何月くらい?タイツはいつから履く?

薄手のジャケットだと寒いし、かといって厚手だと暑すぎるなんてこともある14度。

春と秋にくるのが一般的で、朝晩の寒暖差や急な天候の変化で風邪を引きやすくなる時期です。

東京は3月~4月の春、10月~11月の秋くらい

東京での気温14度は、桜が咲き始める3月~4月の春と、10月~11月の秋くらい。

最低気温が14度の場合はアウターなしでいける日もありますが、最高気温が14度の場合、夜は特に寒く感じるので温かいアイテムは欠かせません。

タイツを履く時期は11月~3月までがベスト

タイツの時期も微妙なところ。寒くなってきたけどまだ履くには早いかなとか、もう季節的には春なんだしやめた方がいいかな…なんて結構悩みますよね。

率直に言うとベストな時期は11月~3月。11月は一気に秋が深まり、黒タイツを履く人が多くなります。10月中はちょっと我慢してストッキングにして、11月以降に解禁すれば浮く心配はありません。

逆に、黒タイツからストッキングにアップデートするのは4月がベスト。日中の最高気温が20度まで上がる日も増えるので、お店のディスプレイにもタイツはもうありません。

最低気温が12度、13度、14度の時のレディースコーデ(最高気温20度以内)

最低気温が12~14度の場合、日中はまだ暑いこともあるのでアウターがいるかいらないか微妙なところ。

アウターありでもアウターなしでも、ちょうどよく快適に過ごせるコーデを早速紹介します!

シャツで季節感を意識しつつ暑さ対策も

ブラウンシャツなど季節感のある色味のシャツは1枚あるとかなり便利。中はノースリニットや深開きTシャツなどで抜け感を出すのも良し、1枚でテロンと着ても旬な着こなしに。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHILLE(チル)(@chilleanap_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

RAYMOND(@raymond_lady_2)がシェアした投稿

薄手のニット1枚でつくる上品きれいめコーデ

せっかくならアウターなしで、あえてニットだけのおしゃれを楽しむコーデも可愛いです。

この時トップスに選ぶ服は春ならパステルカラー、秋な落ち着いた色味が◎。これからくる季節を先取りする色味を選びましょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@anju__914)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHILLE(チル)(@chilleanap_official)がシェアした投稿

パーカーコーデで見た目に暖かみをプラス

パーカーは結構暖かいので、アウターなしでも全然平気。カジュアルきれいめにするなら、パーカーの色は白かベージュなどのベーシックカラーがおすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@rococo39)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@chieaya1916)がシェアした投稿

やや透け感のあるセーターをゆるっと着るのも今年っぽい

編み編み具合に透け感のある、ゆるっとセーターを1枚チョイスするのも今年っぽいスタイル。

程よく肌見せできるので、暑すぎず寒すぎちょうどよく旬な感じに着こなせます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHILLE(チル)(@chilleanap_official)がシェアした投稿

夜の外出にはとりあえず大判ストールがあれば無敵

日中は暑くても、夜の外出なら薄手のニット1枚やパーカー1枚だとちょっと肌寒く感じることも。

夜に外出する予定があるときは、とりあえず大判ストールがあればOK。使わない時は持っているだけでも様になるので、おしゃれアイテムとしても使えます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

いとぅーぽのか‍♀️(@ponopono_daily)がシェアした投稿

雨の日は厚手のざっくりニットで体を暖めて

最低気温が12~14度でも、雨の日は結構寒く感じます。

そんな時は厚手のざっくりニットで暖かく過ごすスタイルをチョイス。ざっくりニットのカラーを暖色にすると体温が上がるのでおすすめです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

yun(@yun_wear)がシェアした投稿

最高気温が12度、13度、14度の日は寒い!アウターなしだと逆に浮くので注意

最高気温が12~14度となるとやっぱり寒いので、アウターは必須。バランスのいいおしゃれコーデをチェックしましょう!

薄手トップス×ざっくりニットカーディガンでトータルバランスを良く

外は寒いけど室内に入ると暑すぎるという場合は、薄手のトップス×ざっくりニットでバランスをとるのが◎。季節感も出て可愛いですよね。

足元はスニーカーを選べばカジュアルスタイルに、パンプスだと大人っぽくなりますよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@manaodays)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

mei(@mei.5.7.des)がシェアした投稿

薄手のアウター×厚手トップスの組み合わせもおしゃれ

薄手のアウターを選ぶときは中は厚手を選ぶのが正解。どっちかを暖かくするのがポイントです。

薄手トレンチなどのアウターは袖をまくって少し肌見せするのが今年風。でも寒い時は我慢せず。

 

この投稿をInstagramで見る

 

(@rococo39)がシェアした投稿

しっかりトレンチコートを大人っぽく着るコンサバスタイル

(画像引用:ZOZOTOWN

生地のしっかりしたコートで寒さ対策は万全。ロング丈でオーバーサイズが旬なスタイル。

中にダークカラーを合わせて「できる女」風に仕上げたコンサバファッションに注目が集まります。

ライダースやブルゾンジャケットでクールに

今年流行っているエコレザーを使ったジャケット×スカートでクールに仕上げるのもおしゃれ。

サテンのプリーツスカートや、ニットスカートを合わせた甘辛MIXスタイルにしても可愛いですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

PAGEBOY / ページボーイ(@pageboy_pr)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

CHILLE(チル)(@chilleanap_official)がシェアした投稿

夜はマフラーがあると安心

最高気温が12~14度だと、夜はかなり冷え込みます。朝は大丈夫と思っていても、マフラーを持っているのと持っていないのとでは雲泥の差。暖かい素材のもこもこマフラーを常備しておけば安心ですよ。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ℎ(@chiemi_kayama)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

韓国から良い物trendyな物販売中のdr.loloです(@doctor__lolo)がシェアした投稿

気温12度、13度、14度のキャンプや山登り、ゴルフを楽しむおしゃれ可愛いレディースコーデ

気温12~14度のアウトドア、何を着て行くか何を持っていくべきか悩みますよね。ここではキャンプやゴルフで可愛くみせつつ、暖かいコーデを紹介します!

気温12~14度のゴルフコーデ

半袖でもニット素材や厚手のポロシャツ、肌寒い時は長袖のポロシャツやシャカシャカブルゾンなどで体温調整している人がほとんど。ニットのベストを登場させるのも可愛いですよね。

ゴルフコーデはカラフルな色を楽しむのがポイントです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Chinatsu Minami / 美波千夏(@chinatsu_minami)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

森 詩絵里 Shieri Mori🌺🌴(@shierisu)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

森 詩絵里 Shieri Mori🌺🌴(@shierisu)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Asami(@asami102929)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

mimi(@chan.mi3)がシェアした投稿

気温12~14度の山登りコーデ

気温12~14度の山登りコーデは暖かさ重視。薄手のブルゾンジャケットや長袖シャツ、薄手のダウンジャケットを合わせて体温を下げないようにしましょう。

虫刺され防止のためにも、肌の露出度は低く、帽子も欠かせません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yako Kashitani(@onelove_yako)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

コロンビア原宿(@columbiastore.harajuku)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

石井スポーツ名古屋店(@mtishii0074)がシェアした投稿

気温12度、13度、14度のキャンプコーデ

最低気温が12~14度の日のは薄手の長袖で十分暖かいですが、最高気温が12~14度の場合はダウンジャケットを持って行く人がほとんど。不安な場合はヒートテックを1枚常備しておくと安心です。

ボトムはあえて着古した色褪せ感のあるものを選ぶ人も多く、綺麗めだとしてもチェックのチノパンでカジュアルなイメージにするのが◎。

 

この投稿をInstagramで見る

 

yamcamp(@yam_camp)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

natsuki(@natsusan728)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

yamcamp(@yam_camp)がシェアした投稿


 

この投稿をInstagramで見る

 

yamcamp(@yam_camp)がシェアした投稿

アウトドアの夜はダウンジャケットやシャカシャカブルゾンが必要

アウトドアの夜は薄手のダウンジャケットや、風を通さないシャカシャカブルゾンが必須アイテム。アウトドアブランドで迷ったら、とりあえずノースフェイスを選べば間違いなさそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

417 ÉDIFICE(@417.jp)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

万代書店熊谷店古着(@kumagaya_furugi)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

jack-o-lantern Official(@jack_o_lantern.official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

k¨̮m(@kuu.3820)がシェアした投稿

まとめ

中途半端な気温12~14度の日は服装も微妙になってしまいがちですが、季節の変わりめのおしゃれを楽しめるように、旬なコーデを取り入れたいもの。

おしゃれな人の真似をして、風邪を引かないように快適に過ごしてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました