ethique(エティーク)のシャンプーバーについて、使い方や成分、実際に使用感を紹介

ethique(エティーク)のシャンプーバーについて、使い方や成分、実際に使用感を紹介 美容
スポンサーリンク

サスティナブルとかエシカルという言葉を知ってから、地球や動物、人に優しい暮らしや製品が気になっています。

それで、近年注目されているethique(エティーク)のシャンプーバーをコスメキッチンで購入して、使ってみたので、使用感や製品について詳しく紹介します。

スポンサーリンク

ethique(エティーク)のシャンプーバーとは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ethique Japan(@ethiquejapan)がシェアした投稿

ethique(エティーク)は、簡単にいえば「固形シャンプー」

公式販売サイトethicameを参考にすると、値段は税込2,178円

ethique(エティーク)は、汚れを落とす石鹸とは異なり、美容成分と最小限の洗浄成分を凝縮した「ソープフリービューティーバー」と言うそうです。

ちなみに、ethique(エティーク)は、2012年にニュージーランドで誕生したブランドで、日本には、2019年2月に初上陸しました。

ethique(エティーク)は成分へのこだわりが凄い(成分一覧表あり)

ethique(エティーク)は、原料や成分へのこだわりが凄い

公式サイトを参考にすると、ethique(エティーク)のこだわりは、以下の通りです。

【ethique(エティーク)のこだわり】

  1. 健康に害を与えるリスクがないこと
  2.  サスティナブルに生産され、生分解性であること
  3.  動物実験を行っていないこと
  4.  人工香料を使用しないこと
  5.  フェアトレード(公正取引)であること
  6. 合成着色料・合成香料は使わない
  7. 動物由来の成分は使わない

ワセリンやパーム油、ラウリル硫酸Naなどを含む全15種類の成分、製品に使わないそうです。

また製品を作る上で、動物実験をしないのは勿論、動物実験を行っている原料も使用していません(動物由来の成分も使っていない)。

シャンプーバーはシリコン不使用で、シリコンの代わりにココナッツオイルやカカオバターが配合されています。

もっと具体的な成分表については、以下の通りです。

ethique(エティーク)の成分例
※シャンプー バー ピンカリシャス 110g

・ココイルイセチオン酸Na
・ココアルキル硫酸Na
デシルグルコシド
・ステアリン酸
・カカオ脂
・ステアリルアルコール
・ヤシ油
・乳酸
・グリセリン
・セタノール
・トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
・グレープフルーツ果皮油
・ベヘントリモニウムメトサルフェート
・バニラ果実油
・マイカ
・酸化鉄

ふむ、私には何が何だかさっぱり分かりませんが、とにかく体に悪いと言われる成分は入っていないとのことなので、安心して使おうと思います。

ちなみに、エティーク1つ110gに液体シャンプー350ml×3本分の美容液成分が凝縮されているそうで、なんだか得した気分です。

プラスチックボトル不使用、環境によくない科学成分も入っていない

シャンプーといえば「プラスチックのボトルに入った液体」というイメージでしたが、ethique(エティーク)なら、プラスチックボトルは必要ありません。

「え、シャンプーバーを保存するケース(プラ)だよね」と思ったのですが、ethique(エティーク)が販売しているケースは、プラスチックではなく竹・サトウキビ・コーンスターチでできているとのこと。

(画像引用先:ethicame

ちなみに、税込1,980円で、カラーは他にもネイビーやピンク、グリーンなどがあります。

私は正直「ethique(エティーク)のシャンプーバー、もう一個買えるなー」と思っちゃって、ケースまで手が出せませんでした。

でも、シャンプーバーが想像以上に気に入ったので、ケースも買ってみても良いかなと悩んでいます(うーん)。

Amazonやコスメキッチンなどで購入することができる


ethique(エティーク)の製品は、Amazonやコスメキッチン、ethicameで購入することができます。

先ほども触れた通り、値段は税込2,178円

私がコスメキッチンで購入したときも同じ値段でした。

個人的には「シャンプーに2,000円は高すぎる」と思ったのですが、フェアトレード※のことを考えると「まぁまぁまぁ」と納得することができました。

※フェアトレード:発展途上国からの原材料も先進国と変わらない条件で購入すること

エティークを実際に使ってみた感想、使用感はどんな感じ?

(このままガブっと食べれそう)※食べちゃダメ

エティークを実際に使ってみた感想、使用感について紹介します。

泡立ち|使い方さえしっかり守れば、めちゃめちゃ泡立つ

ethique(エティーク)の正しい使い方は、以下の通りです。

【ethique(エティーク)の正しい使い方】

  1. 髪とシャンプーバーを濡らす
  2. 髪の付け根から毛先に向かって、直にシャンプーを塗布
  3. 指先で泡立てる
  4. いつも通りすすぐ

簡単に説明したら「シャンプーバーを濡れた髪に、直接こすりつける」感じ。

(画像引用先:ethicame

上記画像の左の図のように、直接、シャンプーバーを髪にこする。丁寧にいえば塗布。

購入するとき「泡立つ」ってあったけど、正直、そこまで期待もしていなかったし、信じていませんでした。

しかし、正しい使い方をすれば、いつもの液体シャンプーと同じような立派な泡が立ちます。

「オーガーニックだから仕方ないか」と利便性を諦めることもなく、これなら満足しながら使い続けることができると感じました。

やはり、満足して使えなければ、リピートしたいとは思えませんからね。

香り|自然な甘い香り、乾かしてしまえば香りは飛ぶ

私が購入したのは、1番人気の「シャンプー バー ピンカリシャス 110g」。

Amazonで買っても良かったけど、直接香りを嗅ぎたかったということもあって、コスメキッチンに行きました。

想像では、もっと柑橘系かと思ったけど「どこがグレープフルーツなん」というくらい甘い香りです。

でも、自然な香りなので、嫌な感じはありません

私は、バニラみたいな甘ったるい香りはめちゃめちゃ苦手で具合が悪くなることがあるほどですが、このピンカリシャスはクンクンと嗅いでいたい感じで、良かったです。

ミントが1番さっぱりした香りだったけど、冷感作用はないものの秋冬にミントの香りを嗅ぐと寒そうなので、夏場は良いかもしれません。

洗っているときや、石鹸が濡れているときは香りがしますが、洗い流してしまえば、髪に香りは残りません。

鼻の良い私ですが、ドライヤー後は無臭に感じます。

指通り|普段使っているシャンプーと変わりなくサラサラ

私はコンディショナーを買わなかったので、「シャンプー バー ピンカリシャス」だけで髪を洗っています。

それでも、キシキシ感なくサラサラです。

普段使っているシャンプーも、ノンシリコンのものなので、あまり違いは感じませんでした。

エティーク1つ110gに液体シャンプー350ml×3本分の美容液成分が凝縮されているとのことですが、特段「やっぱり、美容液成分が凝縮されてるだけあるわ」っていう感じもなく、普通です。

普通で良いです、自然な感じ。

今回私が購入したのは「ツヤっとまとまる」だったので、違うタイプのものを使えば、また使用感も変わるのでしょう。

保管|唯一の難点は「溶けやすい」こと、お風呂で保管しない方が良い

口コミを見ると「夏場は溶ける」「溶けやすい」という声も。

ethique(エティーク)の公式インスタグラムでも、ethique(エティーク)のシャンプーバーは、乾燥しているところに保管した方が良いとあるので、使った後は、お風呂場から出してあげましょう。

私は、脱衣所の棚に保管しています(濡れても良いところ)。

現時点ではシャンプーバーを保管するケースがないので、台所で使うスポンジを代用しています。

石鹸の置く場所の代用だと思ったら、良いアイデアと思ったけど。

なんか写真にとってみたら、切なくなってきたので専用ケース、やっぱり買おうかな。

どれくらいもつのか|髪の長さにもよるけど、2~3か月

公式サイトによると、髪の長さにもよるけど、シャンプーバーは2か月~3か月持つのだそうです。

コンディショナーは、3か月~4か月もつのだそう。

実際の口コミを見ても、大体そのような感じらしいので、考え方によってはコスパ良しかもしれません。

小さくなって使いづらくなってしまったら、耐熱瓶に石鹸を入れて、お湯を入れて冷ますと、液体シャンプーとして使うことができます。

ethique(エティーク)の口コミまとめ

Twitterからethique(エティーク)についての投稿をまとめてみました。


ふむ。キウイも使っている人多いよね。

とても良いらしい。

そうそう、値段は高いけど、プラごみのことを思えばねえ。

ん。まじか。プラザにも売ってるのか。

地球にも動物にも、人間にも優しい固形シャンプー使ってみてね

今まで何も考えずに、値段と使用感、デザインなどで、製品の買うか・買わないか選んできましたが、地球にも動物にも人間にも優しい製品を選ぶ、使うというのは、とても気持ちが良いことです。

自分の小さな選択によって、環境や動物、そして自分の健康を守ることができるなら、それに越したことないですからね。

気になっている人は、ethique(エティーク)を使ってみてください。

「やっぱり固形シャンプーはハードルが高い」という人は、他にもサスティナブルなシャンプーはありますよ。

コスメキッチンやドラックストアで買えるサスティナブルなシャンプーやヘアケア製品を紹介
最近「サスティナブル」「エシカル」という言葉をあちこちで聞いて、めちゃめちゃ興味が沸いているので、シャンプーやリンスなどの日用品も、環境に優しく人にも優しいサスティナブルな製品を使いたくなってきました。 私と同じように、身近なものから...

コスメキッチンやドラックストアで買えるサスティナブルなシャンプーやヘアケア製品を紹介

タイトルとURLをコピーしました