ファッション

40代・女性ミニマリストの冬服コーデ!アウターは何着必要?何を買い足せば冬を乗り越えられる?

40代ミニマリスト冬服女性 ファッション
スポンサーリンク

物を必要以上に持たない、増やさないミニマリスト。寒い冬は一体どんな服で過ごすのか気になる人も多いでしょう。

今回は40代・女性ミニマリストにスポットを当て、冬服のワードローブや買い足しアイテム、たまに他の服を楽しみたくなった時の便利なサービスを紹介します。これからミニマリストになりたい人は要チェック!

スポンサーリンク

40代・女性ミニマリストの冬服一覧!何を持っていれば冬を越せる?

基本的に物を増やさないスタンスのミニマリスト。冬になったからといって、がらっと全部を冬アイテムに交換するわけではありません。春~秋のアイテムでも上手に着回して長く着用します。

ミニマリストが冬を越すために持っている、最低限のアイテムを見ていきましょう!

ミニマリストの冬アウターは2~3着

ミニマリストは冬アウターを2~3着ほど持っています。冬アウターに選ばれるのは以下の3つ。

チェスターコート

コート派の場合はチェスターコートが人気。シンプルで飽きのこないシルエットなので、長く使えます。

チェスターコート

チェスターコートミニマリスト

(画像引用:pierrot公式サイト)

ダウンジャケット

ダウンがないと冬を越せないという人も多いです。特に寒いエリアのミニマリストには必須アイテムですね

コートミニマリスト

ダウンジャケット

(画像引用:coca公式サイト)

春秋コート×インナーダウンで乗り切る人も

コートは春秋用のままで、中にインナーダウンを着こんで冬を乗り越える人もいます。冬コートってボリュームがあるので、持たなければクローゼットがかなりすっきりしますよね。

ユニクロインナーダウン

(画像引用:ユニクロ公式

ミニマリストの冬トップスは、ほぼオールシーズンいけるのもの

全部を冬アイテムにするというミニマリストは少なく、中に着るものは春~秋の服という人がほとんどです。

白シャツ、ブラウス

白シャツ、ブラウスはミニマリストの定番。下にも上にも重ね着できるので、1着あればかなり重宝します。

白シャツ

(画像引用:pierrot公式サイト)

長袖カーディガン

カーディガンはシンプルで、薄手のウールなど暖かさを感じるものを持っている人が多数。丈は長めと短めの2着があると便利です。

カーディガンミニマリスト冬

(画像引用:pierrot公式サイト)

タートルネックのセーター

冬でも室内は暖房が効いて暖かいので、冬アイテムとして持っているトップスは、セーター1~2着くらいという人がほとんど。

首まで暖かいタートルネックがあれば、持っているシャツやカーディガンの中にも着れますね。

タートルネックミニマリスト

(画像引用:pierrot公式サイト)

ミニマリストの冬ボトムスは3~4着

ミニマリストが冬に持っているボトムスは、多くて4着程度という人が大半。厚手のタイツがあれば、いつものパンツで冬を越せるという意見が多いようです。

デニム+タイツ

デニムは丈夫で長く履けるパンツの代表。色落ちも多少の汚れも、そこそこ「味」になりますよね。デニムはスキニーとストレートの2本持ちが便利。

1本しか持たない派の人は、中にタイツを履くことを考えて、ストレートデニムを選んでいるようです。

デニムミニマリスト

(画像引用:pierrot公式サイト)

きれいめワイドパンツ+タイツ

きれいめパンツはワイドを選んでいる人が多い様子。ちょっとお出かけという時に使えるアイテムです。

ワイドパンツミニマリスト

(画像引用:pierrot公式サイト)

アンクル丈のパンツ+タイツ

アンクル丈のパンツは、カジュアルきれいめコーデ、お仕事用に最適。足首を見せることで着やせ効果もあります。冬は冷やさないように、厚手のタイツ+ブーツで温めましょう。

アンクル丈ミニマリスト

(画像引用:スタイルデリ公式サイト)

ロングスカート

大人っぽいロングスカートも着回しコーデの一つ。オールシーズンで履けるような見た目のスカートを使う人が多いようです。

ロングスカートミニマリスト

(画像引用:pierrot公式サイト)

ワンピースもオールシーズン使い回す

長袖のワンピースが1着あると、バリエーションがさらに豊かになります。裏地つきのほうが安心ですね。

ワンピミニマリスト

(画像引用:pierrot公式サイト)

40代・女性ミニマリストが今年の冬に買い足すべきおすすめアイテム

いつものアイテムだと結構寒いとか、バリエーションが少なくて買い足しが必要かも、なんて思った時は、とりあえずこれを買っておくのがおすすめです。

アウターならフード付きコート

コートにフードが付いているのといないのとでは、寒さが桁違い。雪の降る地域のミニマリストなら、フードなしは辛いでしょう。

また冬は中に何を着ていようとも、アウターの印象が強いので、アウターのバリエーションが増えれば「脱・いつも同じ格好」。

フード付きのきれいめコートなら、どんなシーンにも合わせやすくておすすめです。

ミニマリストコート冬

(画像引用:Re:EDIT公式サイト)

寒すぎて無理なら暖パン

いつものパンツにタイツを足すだけじゃ寒い!という場合は、暖パンを買い足すと◎。しまむらやユニクロの暖パンは形もキレイだし、安くて暖かいと人気です。

しまむら裏地あったかパンツ

(画像引用:しまむら公式サイト

【2020年版】しまむらの暖パン(裏地あったかパンツ)の特徴と口コミ。ユニクロの暖パンとも比較!
寒い冬はしまむらの暖パンに頼る人が続出。 まだ暖パンを買っていない人は裏地はどんな感じなのか、実際の口コミも気になるところ。また暖パンと言えばユニクロも負けていません。 今回は2020年のしまむら、ユニクロ、それぞれの暖パンの特...

【2020年版】しまむらの暖パン(裏地あったかパンツ)の特徴と口コミ。ユニクロの暖パンとも比較!

手持ちのものとは違う形のセーター

タートルネックのセーターが1着あるという人は、Vネックや丸襟、ボートネックのセーターを買い足すのがおすすめ。

襟元の開きが大きいほど重ね着ができて、暖かくなれば1枚着もできるので便利です。

ピエロセーター

(画像引用:pierrot公式サイト)

スカートなら差し色に使えるきれいなカラーを

スカート1着だけってなんかなぁ…と思い始めたら、ベーシックな色ではなく、差し色になるスカートを買い足すのがおすすめ。パープルやベリー系のピンクなど映える色を選びましょう。

リエディスカ―ト

(画像引用:Re:EDIT公式サイト)

自分の服に飽きちゃった…そんな時はファッションレンタル!

ミニマリストだって人間だもの、女性だもの、もっとおしゃれをしたくなってきたなんて時がありますよね。

自分の服のワードローブに飽きてしまった時は、ファッションレンタルを利用するのがおすすめ。手持ちの服を増やさずに、適度な頻度でおしゃれを楽しめます。

  • 普段はベーシックな色の服ばかりだけど、たまにカラフルな色を着たい
  • たまに流行の服を着たい
  • 違う系統の服を着たい
  • そもそも自分に合った服を知りたい

こんな気持ちになった時にぴったりで、パーソナル診断や自分の好みをベースにスタイリストが服をコーデして送ってくれたり、自分でチョイスできるところもあります。

買わずに気分転換できるので、ミニマリストで利用している人も結構多いようですよ。

今流行りのファッションレンタルのメリット・デメリットとは?料金相場や汚れた場合、借りられるブランド名などのあれこれ
今は「いかにお金をかけずにおしゃれを楽しむか」という時代。プチプラ服やコスメが流行っているのはまさにその証拠ですね。 ただプチプラ服とは言え、長く使えないクオリティだった場合は、結局出費がかさむこともあります。本当だったらいい服を着た...

ファッションレンタルとは?料金相場や汚れた場合、ブランド名などのあれこれ。メリット・デメリットもチェック

まとめ

ミニマリストは、冬でも春~秋のものを上手く活用している人がほとんど。

ただ冬だからこそ買い足ししないと、寒くてやっていけないこともあったり、たまには服を買えるなどして適度な気分転換も必要です。

ファッションレンタルを利用してみるなどして、快適なミニマリスト生活を送ってくださいね。

タイトルとURLをコピーしました