30代の痛いファッションは見てられない!アラサー女性が今すぐ見直すべきコーデを紹介

30代痛いファッション ファッション
スポンサーリンク

もうこの服着れないな~と感じたり、前まで似合っていた服がそうでもなくなる30代。

家族や友達ならまだ指摘してくれるかもしれないけれど、職場の人や知り合いに「地味に痛い人」とか「頑張っちゃってる」なんて思われるのは嫌ですよね。

知らず知らずのうちに痛い人にならないように、痛いファッション例を参考に、30代のおしゃれコーデのポイントなどを紹介します!

スポンサーリンク

30代は服の系統を見直す年齢、コーデの仕方もアップデートしなきゃダメ

30代はいろいろな変化のある年齢。これまで似合っていた色が急に似合わなくなったり、お気に入りだった服が子供っぽく感じて「もしかして痛い?」と自問自答する人も多いはず。

それもこれも、体型の変化やお肌の変化のせい。メイクも今までと同じだとなんか浮いて見えるし、自分の好み=似合うとは限らないっていうのが顕著になるんですよね(涙)。

30代は服の系統だけでなく、コーデの仕方もアップデートが必要!知らないうちに痛いコーデをしたり、時代遅れなファッションにならないように、ここで今一度自分のファッションを見直してみましょう。

NG!30代の痛いファション、コーデの代表例

30代の痛い服

30代で痛いと思われるファッションやコーデはだいたい決まっています。知らない人を見て、あららそれはちょっと痛いんじゃ…と思った経験は、誰にでも1回はあるはず。

特に30代ならあり得るのがこれ。

  • 服が年齢にマッチしていない
  • トータルバランスが悪い
  • 配色が悪い
  • 時代遅れ

早速細かいポイントをみていきましょう!

膝上10センチ以上のミニスカート、ニーハイブーツは頑張り過ぎ

綺麗な脚を見せたい、このコーデが最高に可愛くて好きという人はいるはずですが、30代ではさすがに痛い。

最近は丈の長いスカートがトレンドなので、ミニスカートを見かけることすら大分減りましたよね。どうしても頑張りすぎてる感が否めなくなってしまうアイテムです。

30代ニーハイブーツ

30代ミニスカート

(画像引用:ZOZOTOWN

上も下も肌見せ…もしくは上下とも体のラインにぴったりしすぎ

体のラインに沿った服は10代、20代までが限界。もちろん30代でもスタイル抜群の人は多いですが、モデルでもない限りはちょっと痛いという目で見られます。

30代露出痛い

(画像引用:ZOZOTOWN

ラブリーなフリルやギャザー使いはもう子供っぽくなりすぎる

ラブリーな服が大好きだという人は、30代になったら卒業しましょう。かなりの童顔でない限り、でっかい赤ちゃんみたいになって痛い人になっちゃいます。

30代ラブリーな服

(画像引用:ZOZOTOWN

シンプル過ぎるコーデは地味でオバサンくさくなる

落ち着いたファションは、かえって地味過ぎることがあるので要注意。シンプルを通り越して所帯じみた感じになり、おばさん感が増してしまいます。

30代地味コーデ

(画像引用:ZOZOTOWN

上も下もオーバーサイズだとだらしなくなる

下の写真のようなコーデは10代、20代なら可愛いの一言で済まされるファション。

しかし30代が上下ともにだぼっとしたオーバーサイズを選ぶのはNG。清潔感がなく、だらしない印象になってしまいます。

30代だらしない

(画像引用:ZOZOTOWN

小物では金目が結構光るジッパーやスタッズは安っぽく見えやすい

ファッションだけでなく小物も気をつけなきゃいけないのが30代。特にジッパーやスタッズなど、光る金目のアイテムは物によって安っぽく見えがちです。

ワンポイントで取り入れる時は、光り加減が気にならないシンプルなものを選びましょう。

30代スタッズ

(画像引用:ZOZOTOWN

芸能人なら許されるのに…30代で痛いコーデにならないように気を付けるべきこと

芸能人なら30代でも40代でもラブリーな服を着たり、肌見せしても「似合ってます!素敵すぎます!」と褒められるだけ(叩かれることもあるだろうけど)。

同じ30代なのに一般人というだけで、周りから痛い目で見られるのはちょっと理不尽な気がしますよね(でもそれが現実)。

周囲から痛い人だと思われないように、気を付けるべきはこれです。

  • 清潔感、落ち着きを意識する
  • ベーシックカラーを基本にして派手色は差し色として使う
  • 柄物にするならトーンをおさえたものをチョイス
  • 可愛いアイテムには大人アイテムをプラス
  • オーバーサイズを着る時は上か下にジャストサイズをもってくる
  • 金目の小物は光り過ぎないものを選ぶ
  • 露出は控え目に、するならさり気なく

これらを踏まえて、下で素敵な30代のコーデをみていきましょう。

30代でも痛くない、おしゃれなコーデを参考に

インスタの#30代コーデ、#30代ファションにアップされているおしゃれな30代コーデを紹介します。先ほどのポイントをしっかり踏まえている旬なスタイルなので、ぜひ今後の参考にしてください★

30代のきれいめコーデ

まずは30代のきれいめコーデ。ふんわり感のあるスカートや花柄など甘めアイテムが登場しますが、トータルバランスが良くおしゃれです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

水野佐彩(@saayamizuno)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

水野佐彩(@saayamizuno)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

水野佐彩(@saayamizuno)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haruka はるか(@haruru0724)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haruka はるか(@haruru0724)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Haruka はるか(@haruru0724)がシェアした投稿

カジュアルきれいめコーデ

ここからは綺麗というよりも、大人可愛いというイメージがぴったりのカジュアルきれいめコーデ。

髪型や帽子、ブーツなどの小物アイテムの違いにも注目です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

yokko(@yokko_yktm)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

yokko(@yokko_yktm)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

VIVIAN COLLECTION(@vivian_collection_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

mii(@miipm27)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

mii(@miipm27)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

mii(@miipm27)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

s(@sen_purple)がシェアした投稿

まとめ

30代に入ったら、一度自分の持っているアイテムを見直して、卒業すべきものがあったら迷わず捨てるかメルカリなどで売るかするのが◎。

同じ30代でも痛いファッションの人にならないように、清潔感があって落ち着きのある、でもトレンドをはずさないおしゃれな着こなしにシフトしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました