35歳になって急に気になる顔の変化とは?たるみやシワほうれい線の原因や今からできる対策方法を紹介

35歳になると、急に気になる顔の変化とは?原因や今からできる対策方法を紹介 美容
スポンサーリンク

ふと鏡でじっくり自分の顔を見てみたら、瞼や頬にたるみを感じたり、小シワができているような・・・。

「自分ってこんな顔してたっけ」「急に肌が老化したように感じる」など、いろんな気持ちになった結果、私も歳をとったのかなぁなんて落ち込む・・・みたいな経験はありませんか。

誰もが通る道とはいえ、なんかショック。

しかし、毎日の習慣や心がけを少し変えるだけで、これからくる老化を予防することができます。

本記事では、顔のたるみやシワなどの老化の体験談、原因や改善策について、紹介します。

スポンサーリンク

35歳になって急に気になる顔の変化とは

35歳になって急に気になりだした顔の変化とは

鏡でふと自分の顔をじっくり見たときに、自分の老化が始まっていることにハッとすることがあります。

特に女性は、化粧をするときに自分の顔を見るので、自分の変化に敏感かもしれませんね。

自分の老化が目に見えて感じるとちょっと落ち込んだり、周りの人達は自分の顔や体の変化をどのように感じているのか気になるものです。

以下、35歳の気になる顔の変化について紹介します。

顔がパッとしない、ファンデが合わない、化粧が崩れやすくなった

35歳を過ぎると「なんか最近、顔がパッとしない」「今まで使っていたファンデーションの色が合わなくなってきた」「午後になると、化粧が崩れるようになった」など、ちょっとずつ化粧が迷子になる・自分の肌がベストコンディションじゃないと感じるようになります

20代や30代前半のときは「そんな日もあるか」くらいだったのが、35歳を境に「自分をベストコンディションにもっていくために、何かをしなきゃいけない」という状況になるのです。

原因は、肌のくすみ・紫外線によるダメージ・乾燥・摩擦・血行不良といったところでしょうか。

たとえば、今までパウダーファンデを使っていたという人も、肌の水分量が足りず化粧が崩れるという場合はBBクリームにするなど、スキンケアやベースメイクも今の自分に合うものを探す必要があります。

まぶたや頬のたるみ、小ジワ、ほうれい線が気になりだす

30代後半になると、まぶたや頬のたるみ、小じわ、ほうれい線が気になりだすという人が多いようです。

特に、ほうれい線は「いかにも歳をとった」という実感が沸いて「まじかー」とショックを受けますよね。

まぶたや頬のたるみ、ほうれい線の原因は、重力によって頬の皮下脂肪が垂れている・肌のハリ(水分量)が減っているからです。

上記で触れた通り、今では化粧水と乳液だけでOKだったとしても、クリームや美容液などで保湿成分を補う必要があります。

今すぐ実践できる老化を遅らせる新習慣の3つのポイント

35歳からでもまだ遅くない!老化を遅らせる新習慣を身に付けよう

「年齢より若く見られる」という人は、年齢に関係なく普段から努力・ケアをしています。

特にその差が出てくるのが30代後半、40代、50代です。

加齢・老化は自然の摂理なので、どうにかすることはできませんが、自分の生活を見直し、改善することで「今までと同じでいるより」は、肌の老化を遅らせることができます。

同じ方ばかり向いて寝ない・スマホを操作する時うつむかない

いつも同じ方向を向いて寝ている人・うつむきがちな人は、重力によって頬の皮下脂肪が垂れるので、シワができやすい・肌がたるみやすいと言われています。

「同じ方向を向いている方が落ち着く」というのもありますが、できれば偏らない方が良いです。

他にも、うつむき対策として、今度からスマホを見るときは、手元にあるスマホに目線を合わせるのではなく、目線にスマホを合わせるようにしましょう。

たとえば、なにか物を撮るときみたいに、腕をあげるのです。

でも腕をあげてスマホを操作するのは疲れるし、ちょっと不自然ですよね。

私の場合、スマホをいじるときは、立っているときでも座っているときでも、ウルトラマン(シュワッチ)のL字型みたいなポーズで、スマホを持っている方の肘を片方の手(グー)で支えながら、スマホを操作しています(スマホ首対策にもなる)。

外出先でも意外と自然に見えますよ。

とにかく紫外線対策をする

肌の老化の原因は80%が紫外線と言われています。

「肌の老化を防ぎたい」という人は、とにかく紫外線対策だけは手を抜かないようにしましょう。

紫外線を浴びると、肌にあるコラーゲンが分解されて減ってしまうことで、肌の弾力がなくなり、シワやたるみなどの早期老化を引き起こすのです(怖すぎ)。

ここでポイントになるのが、日焼け止め効果のあるファンデーションを使うのではなく、日焼け止めもしっかり塗ること

理由は、日焼け止め効果のあるベースメイクを使っても、紫外線を防止するのに十分な量を塗ることができないからです。

そのため「化粧水→乳液→ファンデーション」ではなく「化粧水→乳液→日焼け止め→ファンデーション」という工程になるイメージ。

ちなみに、日焼け止めが効果を発揮するまでには15分必要なので、外出する15分前までには日焼け止めを塗りましょう。

そして、できれば2時間置きに日焼け止めスプレーやパウダーを使ってつけ直すとベストです(私はこれが面倒で出来ない)。

保湿ケアは怠らない(特に乾燥しやすい目元、口元、頬、首)

肌荒れや小じわの原因は、乾燥です。

また肌が乾燥していると、ターンオーバーが正常に働かないため

そのため、肌の保湿ケアはかなり大切。

特に、皮脂分泌が少なく乾燥しやすい目元、口元、頬、首の保湿は入念にします。

ドラックストアなどに行けば、目元の乾燥対策として専用クリームがあるので、そういったものを使うのもおすすめです。

対策すれば老化も怖くない、今日から実践しよう

35歳から始める新習慣まとめは、以下の通りです。

  • 同じ方向ばかり向いて寝ない
  • スマホを操作するときは、うつむかないように意識する
  • UV効果のあるファンデだけでなく、日焼け止めも塗る
  • 目元・口元・頬・首を中心に保湿ケアをする
  • 自分の肌に合わせてスキンケアを見直す

簡単なような、意外と難しい(めんどくさい)ような・・・。

しかし、未来の自分が後悔しないようにするには、今を頑張らなきゃですね。

未来の自分を作るのは今の自分だと言い聞かせて、将来の自分のために実践していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました